山形県でインプラント治療を受けるならここ!インプラント治療に関連する専門資格

インプラント治療に関連する専門資格

インプラント治療の名医を探す上で、様々な団体が認定している専門資格の有無を確認することは重要です。ここでは、様々なインプラント治療の専門資格についてまとめています。

インプラントに関連する専門学術団体・資格とは

歯科クリニックでインプラント治療を行うには、歯科医師としての国家資格が必要ですが、その他にも様々な団体がそれぞれの歯科医師の技術力や経験を判断して、インプラント治療に関する専門資格を与えることがあります。

インプラント治療の専門資格は、国家資格ではないものの、権威ある団体がインプラント治療のスペシャリストとして認めた証であり、歯科医師の客観的な技術レベルを判断するための参考材料として有効です。

専門学術団体・資格がある理由

歯科医療には様々な分野がありますが、歯科医師としての国家資格さえあれば、どの分野を標榜するかは個人の自由に任されています。

とはいえ、インプラント治療では外科手術が必要になり、安全かつ正確な治療の実現には、単なる手術テクニックだけでなく、歯や骨、神経などに関する包括的な知識が欠かせません。そのため、インプラント治療の健全な実施と普及を目指す諸団体は、少しでもインプラント治療にまつわる事故やトラブルを減らして、多くの人が安心してインプラント治療を受けられるよう、確かな技術や経験を備えた医師をスペシャリストとして認定しています。

もちろん、専門資格がないからといって技術レベルが低い証拠にはなりません。ですが、少なくとも専門資格を取得しているということは、それだけの実力を認められている証拠になります。

専門学術団体・資格情報からわかること

専門医や認定医といった資格から判断できることとしては、いくつかのものが挙げられます。

インプラント治療の専門資格を認定している団体は国内外に複数あり、それぞれに歴史や専門資格の認定条件が異なる点は重要です。

つまり、歯科医師がどのような組織から専門資格を認定されているか知ることで、歯科医師の技術力や症例経験が少なくともどの程度以上なのかと考えることが可能になります。

また、専門資格を持っている場合、無資格の歯科医師よりも症例経験が豊富で、難症例の治療実績も多い可能性が高まります。インプラント治療では、口内環境やあごの骨の状態によって、複雑な治療が必要になることもあり、例えば他のクリニックで治療不可能と言われたとしても、専門医であれば治療法を提案してくれることもあるでしょう。

インプラントの専門学術団体・資格

国際口腔インプラント学会(ICOI)

1972年にアメリカで設立された、インプラント治療に関する国際的な学会です。オーラルケア先進国であるアメリカのニュージャージーに本部が置かれ、組織の構成メンバーは世界65カ国から集まるなど、インプラントの学術団体として世界最大級となっています。

ICOIが認定している専門資格には、認定医(ICOI Fellowship)や補てつ認定医(IPS Mastership)、指導医(ICOI Diplomate)といった種類があります。

日本口腔インプラント学会(JSOI)

日本国内には様々なインプラント関連団体が存在しますが、日本歯科医学会に承認されている唯一の団体が日本口腔インプラント学会です。

歯科医師の専門資格としては、取得難易度の高いものから「口腔インプラント指導医」、「口腔インプラント専門医」、「JSOI専修医」の3種類があり、特に指導医は正会員として10年以上の歴を備えた上で、厳しい条件をクリアしなければなりません。

ITI

スイスのバーゼルに拠点を置く、1980年に設立された団体です。各国にセクションを設置し、インプラント治療や骨再生など再生治療に関する専門家を、全世界規模で結ぶネットワークを構築しています。また、インプラント治療に関する知識と技術の普及を目指しており、インプラントメーカーと協力して製品開発なども行っていることも特徴です。

ITIには積極的に活動へ参加する会員が認定される、ITIフェローシップという資格があります。

米国・国際インプラント学会(AO)

北アメリカで1982年に誕生した、ドクターによるスタディグループを母体とする団体です。全世界でおよそ70カ国以上の国から6000人を超えるドクターが会員として所属していますが、日本国内に支部は存在していません。

しかし、海外サイトを通じて日本人歯科医師も所属することが可能であり、日本人ドクターもAOで表彰されるなど、積極的に活躍しています。

米国・国際インプラント学会(AAID)

アメリカ最大のインプラント学会であり、世界中の歯科医師を中心に構成されています。

「Associate Fellow」や「Fellow」といった専門資格が用意されていますが、取得には300時間以上の研修プログラムを修了した上で、筆記試験や口頭試験をパスしなければならず、取得難易度はかなり高いとされる点が特徴です。

ヨーロッパインプラント学会(EAO)

ドイツのミュンヘンで、1991年に設立された国際学会です。学会での研究と、実際の臨床現場でのミゾを埋めることを目的に活動しており、ドクター同士の情報交換や研究支援を行っています。日本支部はありませんが、個々のドクターが参加して研修などを受けることは可能です。

信頼できる インプラントの名医を紹介
@山形県
インプラントメーカーから
信頼されている「名医」
佐藤弘樹医師
(なりさわ
歯科クリニック)
なりさわ歯科クリニック理事長_佐藤弘樹医師
なりさわ歯科クリニック理事長_佐藤弘樹医師
引用元:医療法人社団宝樹会 インプラント専門サイト http://www.houjukai-implant.com/certifying-physician/
インプラント
1本あたりの
費用
26.8万円~
最長保証年数 10年
電話番号 023-688-8217
なりさわ歯科
クリニックの
名医に診てもらう

なりさわ歯科
クリニックに
電話で問い合わせる

複数のインプラント学会に
所属する「名医」
成瀬啓一医師
(成瀬歯科クリニック)
成瀬歯科クリニック院長_成瀬啓一医師
引用元:成瀬歯科クリニック監修サイト「山形インプラント・画像クリニック」 http://www.implant-yamagata.jp/
インプラント
1本あたりの
費用
公式サイトに
記載なし
最長保証年数 公式サイトに
記載なし
電話番号 023-625-2525
成瀬歯科
クリニックの
名医に診てもらう

成瀬歯科
クリニックに
電話で問い合わせる

※このサイトではインプラント関連学会の「指導医」の資格を持った医師を「名医」と定義付けています。
※金額は税抜きで記載。保証条件はクリニックによって異なるため、都度お問い合わせのうえで治療にあたってください。
※なりさわ歯科クリニックで10年の保証を受けるためには、術後2年までは年2回以上、3年目~10年目は年1回以上、メンテナンスの受診が必須です。

◆インプラント治療の費用と期間について

インプラント治療の平均的な費用は1本当たり25~45万円、期間については平均6ヶ月~12ヶ月と言われています。
症状やクリニックによって費用・期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

◆副作用について

インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や金属部品による金属アレルギーの恐れがあります。
また、インプラント治療に関わる持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。